有限会社OAチャレンジ25

取り付ける前に!導入・設置の予備知識

実際に太陽光発電システムを取り付ける前に知っておきたい予備知識の解説していきます。

太陽光発電システムの種類

太陽光発電システムには、大きく分けて連系形と独立系の2種類があります。さらには連系形は逆潮流ありのタイプと無しのタイプに分かれます。

これらを用途別にまとめると次の図のようになります。

太陽光

独立系のシステムは、電力会社の配電線と連係しないシステムのことです。電気の届かない(電力会社の配電線が敷設されない)山間部や離島などで設置されます。当然ながら、このシステムで使用可能な電力量は太陽電池システムの発電量以下に制限されます。また夜間や雨天時に電気が発電供給できないのでは困ることになるので、蓄電(電気を蓄えておく)機能が求められます。

電気が逆潮流することはない(出来ない)ので、蓄電電気を一時的にためておくことが簡単にできるわけです。(この意味では、電気が逆潮流するという前提で設置される住宅用の太陽光発電システムでは、蓄電機能を付加することはなかなか難しいということにもなるかもしれません?)

図でもわかるように太陽光発電システムは、いろいろなところで使われています。街路樹や交通標識にも採用されている所が増えています。太陽光発電システムの仕組みは比較的に単純です。

そして、住宅用太陽光発電システムは「発電設備」の一種ですが、火力発電や水力発電所とは比較にならないほど設置と維持の費用は安上がりだと言うことができます。

…次の項目へ

inserted by FC2 system