有限会社OAチャレンジ25

まずはここから!太陽光発電を知る基礎知識

太陽光発電とは一体どういったものなのかを、環境保護やクリーンエネルギーの観点から解説していきます。

世界中のどこでも、だれもが得られる

もうひとつは、太陽光発電は地球上・世界中のどこでも発電可能だということです。太陽光発電システムのモジュール(パネル)を取りつけさえすれば、太陽の光が届くところであれば、どこでもエネルギーが得られます。サハラ砂漠の中であっても、山奥の僻地であっても、大都会のビルの屋上であっても発電が可能です。

材木をエネルギー源とするには木を探して購入しなければならないし、石油・石炭をエネルギー源とするには、多くの精製の過程を通して精製されたガソリンを複雑な輸送と供給ルートを通じて購入しなければなりません。しかし太陽光発電ならば、パネル1枚あれば。だれもがエネルギーを簡単に手に入れることができます。この意味では、地球上のだれもが平等に手に入れることができるエネルギーということになります。

ただし、太陽光パネルは一般的には、住宅の屋根に取り付けることになりますが、マンションや団地などの集合住宅では、個人レベルでは取り付けることができないことや、取り付けたとしても現時点では全戸に電力を供給するだけの容量が不足するために、太陽光発電システムの導入が困難だという状況があります。

世界中の人がどのような居住環境にあっても、太陽光発電の恩恵を被ることができるように、行政面での配慮とさらなる技術革新による製品システムの供給が望まれるところです。

…次の項目へ

inserted by FC2 system